2008年03月31日

今日の数字、問題

・大前研一 ニュースの視点を読んで
新銀行東京は閉鎖すべき!新銀行東京に隠された問題とは?

新銀行東京の預金残高のうち5割以上が、年利1.5%以上という高金利で集めた定期預金であることが明らかになった。このことはなぜ問題なのだろう?

ほかの金融機関がお金を貸してくれなかったためにあえて高い利率と知りながら借りた企業があるのではないか?高利率ということは当然明らかになっていたはずであるから問題はないような気もするが。

実態はよくわからない。貸出時においてあまり審査を行わなかったというのは確かにずさんな気がする。

大前さんの一番の懸念は議員の人が、地元の困っている人たちを連れてきて、銀行に紹介するというものに対してである。これがなぜいけないのか?銀行は金を借りたい人が行くべきところで、議員が紹介するというのは異常であるとしている。

一見よいことのように思えるが、地元の金融機関の審査も通らなかった個人がこの銀行の審査にも通るとは思えないし、そもそも高金利の返済がきちんとできるのかというところに問題があるのだろう。

また、新銀行東京の再構築は独禁法にかかる可能性があるらしい。
都の公共事業を請け負う企業への貸し付けを拡大するなど都の政策との連動も強化し、11年度の単年黒字化を目指すとのこと。

これは言い換えれば、都の出入り業者に仕事を斡旋する代わりに、新銀行から高金利でお金を借りるように促すということである。これは確かに独禁法に抵触するかも。

この記事を読んで、新銀行東京の問題はかなり多いなと思ったが、この銀行がもたらした良いことはなかったのか?そもそもこの銀行は何を目的として作られたのか知らないが、石原都知事が深く考えずに作ったものだということがわかったことがメリットか。

・一ドル 99.70円

・日経平均 12,525.54円
posted by かっちゃん at 20:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・今日の学び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

間違いだらけのMBA



MBAについて様々な角度から論じていて、MBAについての新たな認識が生まれた。

MBAにあまり関係ないが、本書の最後に書かれていた「怒ってはならない」がいちばん印象に残った。
いくら血液サラサラになる食事をしていても、起こった瞬間に血液は濁りだす。呼吸も乱れ心拍数も上がる。
怒るということは、自分の器が小さいということ。大きければ怒りはでない。つまり、受け入れられないことが起こるから怒るわけであり、何かに執着していて、こうでなければならないと思い込んでいると、違うことが起きた時に腹が立つ。

ふだんから怒らないように、心を広くしておきたいものだ。
posted by かっちゃん at 18:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

MBA的発想人



MBA的な発想法を22の具体例を通じて紹介している。

内容:
・普段から頭を使うことで、光が差してくる
難しいことではなく、非常にシンプルでかつタフな頭の使い方。身の回りの、ほとんどすべての物事についてなぜWHY、だからどうしたso whatを考える。

・ややこしい問題はバラバラにして考える

・5分で考えられることは山ほどある、隙間時間を有効活用せよ

・とにかく事例を見よう、事例はアイデアの宝庫なのだから
事例をみる際にも、上記の考える手法を用いて考えを深める

・英語力を身につけよ
なんでも独り言を英語で言ってみる

・本を読むことは、考え方のエッセンスを絞り出す作業だ
能動的な飛ばし読み

「いったいこの本から何を得たいのか」を明らかにする
その本を読む理由についてまず考える

最初は目次に立ち止まり、目次から「どうしてなんだろう」「何でこんなことを言っているんだろう」と頭を回転させて考える

その答えを見つけに行く感覚で読むとすっと内容が入ってくる

・仮定条件を批判できるようになれば問題解決能力は向上する

このほかにも家庭のBS作り、体重のコントロールにPLの考え方を用いたりして財務の能力を養うなどの面白い方法も書いてあった。またMBA的自己実現の章の自己ブランドのマネジメントがためになった。
posted by かっちゃん at 16:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

きみに読む物語



信じ続ける愛が奇跡を起こす物語。

ストーリーは一人の老人が、痴ほう症を患い記憶をなくしている女性に美しい恋の物語を読みかける。その恋の物語の描写が作品の大部分を占める。

この大恋愛かつ、美しい物語は実はこの老人とその女性との間で生まれたものであり、夫である老人があきらめずに物語をかたることで妻の記憶がよみがえるという奇跡が起こる。この場面はかなり感動した。物語最後に別の奇跡も起こる。

とても感動する映画で心温まるものだった。
posted by かっちゃん at 15:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | MOVIE・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月30日

今日の数字

・ゲーセンの総数は減少する一方、ゲーム機を101台以上置く大型店は増加傾向
全体は約26,000店 大型店は6,000店
行政指導の強化、外食後に遊ぶ家族の減少、家庭用ゲーム機の普及などがゲーセン減少の原因と考えられる

・一ドル99.19円

・日経平均12,820.47円

posted by かっちゃん at 15:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・今日の学び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新福音書



自分自身をより高い視点から見る「抽象思考」ができるようになると、無意識のうちに「なりたい自分」「夢」「幸せ」を手に入れるべく行動する自分になれる。
本書は他人や社会の価値観に縛られた自我を解放し、そこから本当に「なりたい自分」の姿と夢を導き出し、「自分を変える技術」を伝える。

内容:
・内部表現 あなたが認識しているこの世界すべて そこには自分自身も含まれる

・抽象度が上がれば、見える世界が広がり、認知できる情報も増えていく
脳は抽象的な思考によってもドーパミンを出すことによって快楽を得る

・人は毎朝輪廻転生している、ゆえに、一瞬にして自分を変えることも可能

・不幸は、自分が何かと比較することで作りだしたものだから、自分を何かと比べなければよい

・他人の目を作っているのは自分自身

・今の自分が最高と思って生きる、そう確信するだけでも未来にいい働きかけができる

・知識・経験を豊富に積む一方で、想像力を駆使して臨場感を広げる努力をする

現実世界をありのままに感じているところに意識を向けると、自分の意識という認識が介入するから、Rではなく、R揺らぎになる。

・自分は五感のどれが鋭いか

・目に入るもの一つ一つの抽象度を上げていく、連想したものの抽象度を上げていく

・できるだけ未来の夢に関連性のある人や場所、出来事などに触れて、それらをリアルに感じるようにする努力が必要

・自分が記述する「未来情報」を得意な感覚チャネルに変えて、いかに大量のドーパミンをだせるか

ほかにも応用編のトレーニングが書かれていて、より高度な抽象思考が身に付くようになっている。
posted by かっちゃん at 14:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・法律・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

八月のクリスマス



主演 山崎まさよし、関めぐみ

切ない恋の物語。
posted by かっちゃん at 14:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | MOVIE・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月29日

今日の数字

クラブ買収金額.xlsx


・イングランド・プレミアリーグ外資の波
上のグラフはプレミアリーグのトップ3の買収金額を表している。マンUのオーナーは米アメフトチームのオーナー、チェルシーはロシアの富豪アブラモビッチに、リバプールも米人のオーナーとトップ4(アーセナルはロシア、米国の投資家らが36%所有)と外国人によって支配されている。

外資のマネーを利用するトップ4とそれら以外のチームの格差が問題になっている。さらに、最近では、ドバイの政府系投資ファンドDICがリバプールへ出資する可能性が高まっている。

プレミアリーグの放映権収入は他のリーグを引き離し、3500億円規模である。個人的にもプレミアリーグは見ていて、スピード感、迫力共に一番魅力的なリーグであるとも思う。しかし、懸念はさっき述べたクラブ間の格差によってリーグの面白さが減ってしまうかもしれないということだ。外資参入に対するプレミアリーグの対応に注目していきたい。

・一ドル99.19円

・日経平均12,820.47円
posted by かっちゃん at 20:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・今日の学び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

UDON



UDONをめぐり、笑いと感動のあふれる作品であった。主人公はユースケサンタマリアにマッチするキャラであった。

だれもが懐かしいと思う故郷があるのと同様、誰にでもsoul foodがある。主人公はニューヨークで自分の夢を追いかけていたが、挫折し地元の香川に返ってくる。そこで、広告店で働き、地元のうどんを特集する企画を始める。それによって、うどんブームが巻き起こった。しかし、ブームも去り、主人公は長年ばかにしていた父親のうどん屋を継ぎ、父の味に近づいていこうと努力していく、というストーリー。

うまいものは、腹も満腹にしてくれるが、心も満腹にしてくれる。うまいものには人を笑顔にする力がある。という言葉が印象的だった。

映画を見ている最中かなり、うどんが食べたくなってしまう。香川には人口1,000,000人でうどんの店は1000店あるらしく、東京は人口12,500,000人に対してマクドナルドは500店。うどんの店の数と比較していないが、香川のうどんの店はかなり多いことがわかる。
posted by かっちゃん at 08:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | MOVIE・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

茄子アンダルシアの夏



47分という短い時間の映画だが、その中にも主人公の様々な思いが表現されている。

サイクリング選手の主人公がレース終盤に見せるデットヒートがかなり迫力があった。
posted by かっちゃん at 08:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | MOVIE・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月28日

一次面接を終えて

PWC.jpg

今日はPWCアドバイザリーの一次面接に行ってきた。はじめはグループ面接で一緒に受けた彼はなぜかPWCの面接は二度目だと言っていた。

一緒に面接を受けた彼はこれまでに何度か面接を受けているらしく、非常に慣れているなという印象を受けた。自分はPWCしか就職活動をしていないので、面接経験もなくこちらのペースで話すのに、少し時間がかかってしまった。

質問自体は答えにくいというものはなく、場の雰囲気もとても和やかだったので、面接自体は緊張せずにできたと思う。要点と筋道を立てて話すことはできたが、もっと面接官の方の心に届くようなメッセージを筋道を立てて説明できればと思った。次回の選考に進むことができたらぜひその点に気をつけて頑張っていきたい。
posted by かっちゃん at 20:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・今日の学び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日の数字

・一ドル 100.11円

・日経平均 12、820.47円

・ごみ処理問題
日本で排出される都市ごみは年間約5300万トンに上り、処理費用は約2兆円。生ごみは都市ごみの3分の1を占める。

ゴミの処理費用はかなりの金額だが、さらに日本の場合排出されるゴミと処理できるごみの量が同じではなく、明らかにゴミがたまっているという問題がある。日本の場合は単に焼却処理をしているらしいのだが、途上国に目を向けると彼らはゴミから発生するガスを回収し、それを売るという取引を行っているようだ。ごみが排出枠という新たな価値を生み、新たなビジネスになっている。

ゴミ問題を根本から解決するのは非常に難しそうである。途上国にも焼却技術を安易に導入してしまえば、ゴミから発生するガスの回収から得ていた利益が減っていしまうであろうし、償却するコストもばかにならない。先進国はやはり償却をしていかないとゴミがたまる一方である。やはり3Rの考え方をもっと広め、一人ひとりが生み出すごみの量を減らしていくことが大切なのかなと思う。
posted by かっちゃん at 19:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・今日の学び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月27日

今日の数字

ビッグマック.jpg
・日経平均 12,604.58円

・一ドル 99.18円

・ビッグマック指数
マクドナルドで販売されているビッグマックは世界中どこでも同じ大きさ、同じ品質である。しかし、原材料費や賃金は各国によって違うため、各国のビッグマックにはその国の経済力が反映される。

したがって、ビックマックの価格を比べると適切な為替水準が推測できる。

たとえば日本のビックマックが273円で、アメリカのビックマックが3ドルとすると
273÷3=91円
より一ドル=91円が適切な為替水準といえる。現在の為替レートと比較して、今後が予測できる。

ほかにもスターバックス指数やiPod指数などもあるが、いずれもすべてを正しく反映しているのではなくて、あくまでも指標に過ぎないことに注意。
posted by かっちゃん at 17:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・今日の学び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

かねよりもだ



本書は松井証券の松井社長と一橋大学教授の米倉先生が対談形式で様々なトピックスを語っている。

内容:
・日本には「〜だ」と言い切るリーダーがいないことが問題。「〜かね」という人が多すぎ。

・ビジネスで成功した人はやっぱり知識を使って成功している。その知識で得た富を知識に還元するひとが欧米では多い。学校に対する寄付など

・学生時代にちゃんと自分に投資しておかなければいけない時代になっている。体育会系ではやっていけない時代になっている。知的体育会系を目指せ。

・常に当事者意識を持っていればディベート力も身に付く

・自分で問題を発見して、解決するための筋道を考えられる人間が求められる

日々様々なことに当事者意識を持ち、自ら問題設定する習慣を身につけていきたい。残り一年の大学生活も大いに自己投資していきたい。
posted by かっちゃん at 16:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

組織も戦略も自分に従う



一橋大学教授の米倉先生の本。

内容:
・個人がしっかりした意識と自分戦略を持っていなければ、戦略も組織も生まれない。

・初めに入った大学も会社もそれほど重要じゃない
自分が30の時、45の時どうなっていたいか
必要と感じれば大学院に行けばよい

・もういいとしだから、いまさら遅いではなくて、人生で一番若い時というのは「いま」である。いくつになっても「いま」が一番若い。

・本書にはほかにもリーダーシップ論についても触れられてきて、先生独自の意見もあり、興味深かった。イノベーションにも触れられていて、ヴジャディ・・ディジャブの逆さ読み 毎日見ているが、それをいかに新しくあるいは違う風に見るかが大切。

個の確立の大切さを学ぶには良い本だと思った。
posted by かっちゃん at 16:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月26日

ロッキー・ザ・ファイナル



50代のロッキーが最後のリングに上がる。生きるパワーを与えてくれた作品であった。

物語途中ロッキーが現段階のヘビー級チャンピオンと戦うことを決意し、息子に止められるシーンで放った一言。
「世の中はいつもバラ色じゃない。それなりにきついことが常に待っている。人生はどんなパンチより重く自分を打ちのめすかもしれない。しかし、どんなきついパンチであろうとも、休まず前に進み続けろ。その先に勝利がある。自分の価値を信じるなら迷わず前に進め。自分を信じて生きろ!!でなけりゃ自分の人生じゃなくなる。」

ロッキーに見習っていつまでも自分の中に熱い炎を燃やし続けて生きていきたい。
posted by かっちゃん at 21:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | MOVIE・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日の数字

・一ドル 100,07円

・日経平均 12,706.63円

・平成から西暦、西暦から平成

平成元年が1989年なので、この換算は1988を使うと簡単にできる。
たとえば西暦2008年→2008−1988=平成20年
    平成15年  →1988+15=西暦2003年
となる。
posted by かっちゃん at 16:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・今日の学び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドラッカー企業社会を発明した思想家



本書はドラッカーがどのような人物であったのかについて詳しく書かれている。ドラッカーはオランダ語で印刷する人という意味など、くだらないことしか頭に残っていないが、ドッラカーは何事にも先入観を持たず、相手に「なぜ?」を繰り返し、問題に自己の知識を持ち込もうとせずに無知な人間として相対していたそうだ。

マネジメントの父と呼ばれる彼の本をもっと読んでいこうと思う。
posted by かっちゃん at 16:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月25日

今日の数字

・一ドル 100.29円

・日経平均 12,745.22円

・牛のげっぷ (朝日新聞より)
国内の牛(肉用・乳用計440万頭)からげっぷとして出てくるメタンの量は年32万3千トン。二酸化炭素に換算すると678万3千トンとなり、国内の温室ガスの年間排出量の約0.5%にあたるらしい。出光興産がメタンの量を9割削減できる天然素材を発見したとのこと。メタンは温室効果が二酸化炭素の21倍あり、この発見は温暖化予防に貢献しそうだ。
posted by かっちゃん at 21:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・今日の学び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゲーム理論活用術



経済理論をとにかくビジネスの現場で使えるものとするために書かれた本。

内容はゲーム理論をわかりやすいケースを用いて解説している。さらに、ミクロ経済の基本にも触れていて根本の理解が深まるものであった。

内容:
・大学の教授が担っている問題の設定こそが、現実のビジネスの現場にいる人たちがやるべきことである。

・刻々と変化するなかで、いかにペイオフ・マトリクスを設定していけるかが大切。

本書はもう一度じっくり読み返してみようと思う。
posted by かっちゃん at 21:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。