2009年03月14日

トータル・フィアーズ



出演: ベン・アフレック, モーガン・フリーマン, ジェームズ・クロムウェル, リーヴ・シュライバー, アラン・ベイツ
監督: トム・クランシー

ストーリー:1973年の第3次中東戦争で、1発の核ミサイルが紛失した。そして2001年、アメリカとロシアの間でまたも国際緊張の事態が発生。しかしCIAの若手アナリスト、ジャック・ライアン(ベン・アフレック)はそれらの原因が何者かに仕組まれているとにらみ、調査を続ける。しかし、ついにアメリカに1発の核ミサイルが落とされ、世界は一気に第3次世界大戦の危機へ!

感想:モーガン・フリーマンのファンなので朝三時に起きだして本作を見ました。そして、個人的にCIAが気になる存在なので見てしまったというのも理由として挙げられます。(CIAの情報収集、分析手法などに関心がある)

アメリカとロシアがお互い潰し合うような陰謀を誰かが仕組み、第三次世界大戦の危機になるというシナリオは確かにありそうだなと思いました。ですが、その陰謀を見事に暴き、世界大戦の危機を阻止してくれるのがCIAなのかもしれません。


予告編



posted by かっちゃん at 10:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | MOVIE・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/115606474
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。