2009年03月18日

落語家はなぜ噺を忘れないのか 660島目



内容概略:柳家花禄師匠が落語家が噺を忘れない理由、噺の覚え方、落語に対する考えなど大変興味深い内容を紹介しています。

落語の奥深さを感じさせてくれる一冊でした。落語好きの人はさらに落語を好きになるだろうし、落語に興味のない人にとっては落語を聞くきっかけになるかもしれません。


posted by かっちゃん at 16:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発・スキル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。