2009年03月06日

ビジネスで使いこなす定量分析 意思決定を高めるスキル 650島目



内容概略:効果的な分析ツールを学び、ケーススタディを通じて「意思決定力」を鍛えることをコンセプトにした本。

感想・学び:入社するまでにある程度の分析ツールを使えるようにしておきたいと思ったため、本書を読みました。NPV、期待値・分散原理、ディシジョンツリー、ベイジアン決定理論、リアル・オプション、ハービッツの原理、相関分析、回帰分析などをケースを通じて復習できる点が気に入りました。

巻末にはビジネス数学検定の問題が掲載されていて本書で学んだ分析ツールを本当に自分が使えるようになったのかを試すのにはもってこいです。

ビジネス数学検定というものが存在することを始めて知りました。この検定はビジネスの世界で普段意識しないで使っている数学的思考が、現時点でどの程度身についているのかを測定するものです。

問題が結構サクサク解けるのでそう快感がありました。

試験内容
1 問題数 35問
2 検定時間 60分
3 スコア制 1,000点満点 格付けAAA〜Cの9段階

ぴかぴか(新しい)HP: ビジネス数学検定
posted by かっちゃん at 08:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月05日

初寄席

寄席1.jpg
昨日、初めて落語の寄席に行ってきました。これまではDVD,CDを聴くばかりでライブで聴いたことはなかったので是非一度生で聴きたいと思っていました。

場所は浅草演芸ホール。寄席は昼の部と夜の部に分かれていて、私は昼の部を最初から最後まで聴いていました。昼の部は11:40〜16:30まで夜の部は16:40〜21:00までです。

五時間すべて落語というわけではなく、落語を連続して二つやった後は漫才、マジック、曲芸、紙切りのいずれかが挟まれて行われます。これがまたいいアクセントになっている。(特に「紙切り」という紙を切って、非常に複雑な形に仕上げるものがすごかったです。まさに芸術。。観客が希望する物を見事に形どっていました。三社祭、藤娘のご要望が観客から上がり、見事な出来栄えに。)

落語の感想としてはやはりライブはいいなということです。落語に限らず、何でもライブは何が起こるかわからない感じがあっていい。人間が行うからその日の調子によっていろんな形となって現れる感じ。

鈴々舎馬風師匠が出てきた時は場の空気が一瞬にして変わった気がしました。そんなパワーを生で感じることができて非常によかったです。実際の空気を感じるのはライブでしか味わえないと思います。

面白かった小噺:結婚生活の長い夫婦を治りかけの風邪と説く→熱は下がっても咳(籍))は外せない 








posted by かっちゃん at 19:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・今日の学び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

久しぶりの国立

久しぶりに国立の家に帰ってきました。先日までは大阪→山口→東京(江東区祖母宅)という日程を過ごしていたので。

無事に大阪の新居も決まり、これからは引っ越しの準備を進めていかなければなりません。引越しの準備の合間を縫って、1 英語の勉強(ザ・ホワイトハウスのDVDを見ながらシャドーイングと自分の好きな分野の洋書・論文を読む)、2 エクセル技術の向上、3 統計学をざっと復習するということを時間を作りながら行っていこうと思います。

明日から捨てれるものは捨てていかなければ・・。

posted by かっちゃん at 19:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・今日の学び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月02日

「話す」技術「聞く」技術 649島目



内容概略:いろんな業界のプロフェッショナル20人が話す技術・聞く技術について自分の方法を紹介しています。

感想・学び:交渉のプロ、プレゼンのプロなどシチュエーションごとに話す・聞く技術を紹介しているのでわかりやすく、自分が必要となったときに読み返しやすい構成になっていました。

働きながら実践していきたい内容が多くあったので非常に有意義な一冊でした。

posted by かっちゃん at 07:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発・スキル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

年収2000万円の仕事術 648島目



内容概略:主に不労所得の獲得方法を示す。

感想・学び:本書ではまず勤労所得1000万円に到達し、そして不労所得も1000万円を獲得できる状態にすることを目指す。そのためにどうすればいいのかを解説しています。

具体的な方法論よりも「コップの水が溢れるまで飲まない」節約→投資→再投資のサイクルを回すように意識して無駄遣いをしないようにするなど精神的な面を強化するのに役立ちました。



posted by かっちゃん at 07:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発・スキル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月01日

TIMEが選ぶ20世紀の100人 上・下 646〜647島目





内容概略:20世紀の偉人達を指導者・革命家・科学者・思想家・起業家・アーティスト・エンターテイナー・ヒーロー・偶像・巨頭の分野ごとに紹介する。

感想・学び:先日読んだ100人の偉人伝よりもこちらのほうが読みやすく、今後繰り返し読むとすれば、こちらの偉人伝かなと思います。今度実家に来るときにこっそり父の本棚から持って帰ろうと思います。笑




posted by かっちゃん at 08:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 伝記・人物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月28日

100人の20世紀 下 645島目



内容概略:下巻では20世紀の偉人を50人取り上げている。

感想・学び:偉人伝からはよく勇気をもらいます。自分もやってやろうという気持ちを喚起してくれる。あの偉人なら今の自分の状況をどんなマインドで乗り越えていったのかなどメンタル的な側面で参考になることが多いです。



posted by かっちゃん at 09:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 伝記・人物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月27日

ワカメ検定士取得

先日父からワカメ取りを誘われましたが、そんな気分ではなく断っていました。ですが、今日はやたらとワカメを取るモチベーションが高かった!!笑 

いざ、出陣!!ワカメ取りをこれまでしたことがなかったので、砂浜を歩き、主戦場へ向かうまでの間に口頭でレクチャーを受けました。

レクチャー内容は主に1 ワカメとかじめ(昆布の一種)との違い
2 新鮮なワカメの見分け方(主に色と雌株が付いているかどうか)

です。

後は、豆知識としてマテ貝の独特なとり方を教えてもらいました。

経験的にどんなところにワカメがあるのか即座にわかる父の眼がすごいと思いました。

収穫量は満足のいく量で、今からワカメしゃぶしゃぶを食べます。明日の味噌汁にも入れる予定。

ワカメは雌株(めかぶ)を無駄に取らないようにして、来年の収穫につなげましょう。めかぶをちゃんと食べるならとっても良い。無駄な殺生を避けよう。というアドバイスを最後に受けました。

posted by かっちゃん at 17:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・今日の学び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

経営学修士より経済学修士?

二十代後半辺りに留学したいなと昔から思っていました。以前はMBA取得にあこがれていましたが、四月から働く移転価格コンサルタントの道を究めるつもりなら経済学修士か、ロースクールのタックス専攻に進んだほうがいいのかなと考えています。

移転価格コンサルは経済学的・法律的な分析を主に行うようで、どちらかというとエコノミストに近いなんていう意見も目にしました。それゆえに、経済学か税法を(どちらも学ぶのもあり)学びに留学しに行きたいなと思います。

LSEのカリキュラムを見ていたら経済学といえどものすごく専門が細分化されていて、自分が経済学の何を勉強したいのかもっと明確にする必要があるなと思いました。

実務で経済学的な分析ツールを使いつつ、自分に足りない、もっと勉強したい領域をはっきりさせたいと思います。

経済学に強いところ:ヨーロッパ LSE
              アメリカ シカゴでしょうか?
税務に強いのは?:ヨーロッパ LSE
              アメリカ ハーバードロースクールのInternational tax program or Concentration in taxなるものを発見。

これらのロースクールでtaxだけ勉強できるのかな?

posted by かっちゃん at 15:08 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記・今日の学び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

デイズ・オブ・サンダー



出演: トム・クルーズ, ロバート・デュヴァル, ニコール・キッドマン, ランディ・クエイド
監督: トニー・スコット

ストーリー:アメリカで絶大な人気を誇るストックカーレースを題材とした、『トップ・ガン』のトニー・スコット監督&トム・クルーズのコンビによる青春カーアクション。ストックカーレースにすべてを賭けた若者の青春の日々を描く。

感想:トム・クルーズ主演のパイロットを題材にした「トップ・ガン」と作風が似ていると思っていたら、やはり同じ監督さんでした。レース中の人物になりきって、コーナーでの遠心力を感じて歯を食いしばったり、力んだりしている自分がいるのが面白い。

この映画を見ると無性にレーシングカーに乗りたくなります。かっ飛ばしたい!!免許を取って四年が経つ。最後に運転したのは卒業検定・・・・。

事故を起こして自信を失っていた主人公が最終レース前に言ったかっこいい言葉。


「俺は事故よりも何もできない人間になるのが怖い」
その通り!!

予告編


posted by かっちゃん at 14:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | MOVIE・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。